手相占いによる鑑定

手相占いによる鑑定 占いを信じるか信じないか、長年問われ続けているテーマです。
概してですが、自分に良い結果をもたらすでありそうな占いは信じて、自分に不幸が舞い込んできそうな占いは信じないようにする傾向が強いようです。
それで良いのです。
結局、自分の人生は自分の責任で、全うしなければなりません。
自分が生きていくうえで力になると感じられることは、どんどん取り入れましょう。
逆に、生きるパワーに陰りをさすようなものは、目にしないままいきましょう。
とはいえ、生まれてきた家庭環境や、性別、体形、容貌など、すべてを宿命だけで納得しがたい難題はあります。
そんな時こそ、占いの上手な使い方をしましょう。
自分の掌をじっくり見たことがありますか。
いわゆる、手相です。
これは、70億の人類がいますが、まったく一致する人はいません。
親子でも、似ているようですが比べるとかなり違います。
その手相で占うことは、自分だけの、自分しか掴みえない何かを暗示しているのかもしれません。
生きることに少し、悩む時こそ、手相鑑定を受けてみましょう。
生きていく力が生まれてくるヒントが手の中にあります。

手相占いの難しさ

手相占いの難しさ 手相占いの難しさは半端ではないでしょう。
例えば、血液型占いであれば、AとB、O、AB型の4つしか血液型が存在しないので、まだシンプルですのでやりやすいでしょう。
(もっと簡単なものだと、「あなたの子供は男か女ですかを占います」なら2分の1の確率で当てられますよね。
) しかし、手相の場合は、人によって完全に同じ形は存在せず、人の数だけ手相が存在するので非常に難しいです。
そう考えますと、手相占いをする側がされる側にきちんとした結果を伝えるのは、(お金を払って深刻そうな表情で来るお客様に対して)なかなか頭を悩ませるところです。
ですが、世の中のニーズに答える必要があります。
ですので、そういう仕事を生業としている人たちは、まずお客様の話をよくよく聞き、それから手相を見るようにしたほうがいいと思います。
この点を心掛けるだけで、大きく現実とかけ離れた結果のことを相手に伝えることは防げるので、お互いにとって良いはずです。

おすすめWEBサイト 23選

群馬県 心療内科

最終更新日:2017/8/10